ギャラリー

天窓
撮影 © NOSE

1階 リビング入り口からの見上げ
この住宅の建設計画は、施主さまが ASJのイベントに来場され、
現在5軒長屋に住んでいるが建て替えが可能か上山さんにご相談されたのが始まりでした。
施主さまはマンション購入も視野に入れておられましたが、
できれば長年住んだ現在地に建て替えをしたいとのご希望でした。
長屋で狭小地という難題を解決しなければならずハードルの高い計画でした。
しかし隣家の寛容なご協力により、無事切り離して解体することができ、
わずか 17坪の狭小地ではありましたが上山さんの素晴らしいアイデアで
施主さまの希望された狭いながらもゆったりと落ち着けて、快適で明るい空間ができあがりました。
敷地の環境が2面隣家に近接、残り2面も道路に近接しており、
壁に大きな開口を設置しづらい状況だったために、いかに明かりを取り入れるかが大きな課題でした。
その問題を解決したのが、リビングの吹き抜けから続く円筒形の空間に天井いっぱいの
大きな天窓をもうけるという上山さんのアイデアでした。
この天窓のおかげで、十分な明かりが入り、流れゆく雲の様子で天気や季節感を感じることができます。
また壁面に大きな開口がないので、車の騒音や近隣の視線を気にすることなく暮らすことができます。
この計画には施工を担当する私どもスタジオも最初のプランニング段階から打ち合わせに参加させていただき、
施主さまや建築家といろんな問題を共有しながら一つのチームとして進めることができましたので、
何の問題もなく完成することができました。
この住宅はまさに ASJのモットーである「始まりは建築家との出会い」にピッタリ当てはまる住宅でした。
撮影 © NOSE

1階 リビングからの見上げ
撮影 © NOSE

1階 リビング 主寝室の窓が見える
撮影 © NOSE

1階 キッチン
撮影 © NOSE

1階 リビングからの見上げ
撮影 © NOSE

1階 バスと洗面
撮影 © NOSE

1階 リビングから洗面への見通し/トイレ
撮影 © NOSE

2階 ホール 天窓が主寝室の中にも光を運ぶ
撮影 © NOSE

2階 客室からホールへの見通し 
撮影 © NOSE

2階 ホールから客室への見通し 
撮影 © NOSE

PH階 キャットウォークから屋上への見通し
撮影 © NOSE

屋上 PH階ドア
撮影 © NOSE

屋上 天窓 
撮影 © NOSE

外観
撮影 © NOSE

S邸[新潟市]
竣工 2012年1月24日
設計/上山寛 一級建築士事務所 上山寛アトリエ