ギャラリー

1階 リビング
撮影 © NOSE

1階 ダイニング
この住宅の建設計画は施主様の奥さんがASJのイベントに来場され、アカデミー会員に入会されたのが始まりでした。
10年ほど前から建て替えの話しはご家族の間でされていたらしいのですが、いろんなことでタイミングを逃してしまったとのこと。
その間に市内で別に暮らしている息子さん夫婦にお子さんが生まれ、そのお子さんの面倒をご実家で見る生活が始まったそうです。
息子さんからはことあるごとに早く2世帯住宅を建てて一緒に暮らそうと言われ続け、奥さんはかなりプレッシャーを感じておられたそうです。
アカデミー会員に入会されて間もなく、タムラ設計さんのオープンハウスがありご案内したところ、
設計を非常に気に入られタムラ設計の田村潤二さんに設計をお願いすることになりました。
設計するにあたり、息子さんが仕事の関係で遅くなることが多いため、
親世帯と子世帯の生活時間の違いによる音の問題をできるだけ少なくしてほしいとのご要望がありました。
そこで田村さんは親世帯の部屋を平屋の部分に、子世帯の部屋を1階共用部分の上に配置し、
玄関から直ぐに2階へ上がれるプランを提案されました。
玄関のアプローチには物置と繋げた屋根を設け、また冬の季節風と隣家からの視線を遮るための木塀を設置することにより、
実際よりも距離間が得られ、いい雰囲気を醸し出しております。このあたりはやはり建築家の技だと感心させられます。
1階LDKは南側に大きな窓を設け非常に明るく開放的な空間になっています。
一角にあるタタミコーナーは来客時には障子戸を閉めることにより客間としての利用もできる造りになっております。
LDKで特に目を見張るのはアイランドキッチンと一体となった無垢材のダイニングカウンターです。
このテーブルは施主様と田村さんが一緒に材木屋さんへ行き、選んだ無垢材を加工して取付した世界でただ一つのダイニングカウンターです。
きっとこの家のシンボル的な存在になるものだと思います。
外観は白を基調にしながらも道路から見えるいわゆる家の顔となる部分は、濃いめの色のジョリパッドとレッドシダーの板貼りを組み合わせ、
落ち着いた重厚な感じに仕上がっております。このあたりにも田村さんの建築家としての感性の豊かさが感じられます。
この住宅はライフスタイルの違う二つの家族が、一つ屋根の下、限られた空間でストレスをできるだけ感じないで暮す家造りがテーマでした。
両世代の意見に耳を傾け、一つ一つ問題を解決しながら具体的な形にしてくれる建築家のすばらしさを改めて感じられる家だと思います。
撮影 © NOSE

1階 ダイニングカウンター
撮影 © NOSE

1階 リビング照明
撮影 © NOSE

1階 リビング/タタミコーナー
撮影 © NOSE

1階 階段室/ホール
撮影 © NOSE

1階 広縁
撮影 © NOSE

1階 広縁/寝室2
撮影 © NOSE

1階 寝室2/寝室1
撮影 © NOSE

1階 広縁から中庭デッキへの見通し/寝室1から中庭デッキへの見通し
撮影 © NOSE

2階 ホールからの見下げ
撮影 © NOSE

2階 本棚/洗濯コーナー
撮影 © NOSE

2階 寝室3
撮影 © NOSE

2階 ダイニング
撮影 © NOSE

2階 ダイニングキッチン
撮影 © NOSE

2階 子供室
撮影 © NOSE

2階 書斎
撮影 © NOSE

2階 書斎
撮影 © NOSE

2階 書斎 ギター掛け
撮影 © NOSE

外観 中庭からの眺め
撮影 © NOSE

N邸[新潟市]
竣工 2013年4月30日
設計/田村潤二 タムラ設計